本文へスキップ

看板を使って店舗をアピールする際にはこんなテクニックを使いましょう。

目立つ看板

多すぎる看板

目立つ看板・気を惹く看板/多すぎる看板

今のように街のいたる所に看板があふれた結果、お互いの看板が邪魔しあって それぞれの看板が目立たなくってしまうという現象が起こっています。 お店や会社を経営しているからには誰でもお客さんを増やしたい、うちの商品を アピールしてもっと売上を増やしたいと考えます。 お店でお客さんが来るのを待っているだけではなく、広告を作ったり看板を 立てて集客する努力をしています。 そんな人達がみんな看板を作って店舗の宣伝をしようとしているので、 普通に看板を出しただけでは場所によって効果は薄くたいした期待は出来ません。 立ち並ぶ多くの看板の中で、なるべく目立つ看板でなければそれを見る人々の 目を惹くことはできません。 目立たない看板ではあまり意味がないのです。


視覚的に目立つ

人が得る情報とは視覚によるものがほとんどです。 人々が生活している中、目から入ってくる情報はとても多いのです。 ですが目に入った情報を全て認識しているわけではありません。 目で見たとしても興味がなければその情報は素通りしてしまいます。 興味があること、意識したものだけが見た人の印象に残ります。 なんとなくテレビで流れるニュースを観ていてもその全てが記憶に残ることは ありません。 せいぜいその中で興味をもったいくつかのニュースを覚えているだけです。 これは看板も同じで、目に入る位置に看板があったからといってそれを意識 して見る、内容が記憶に残るかというとそうではありません。 見た人の印象に残るような内容の看板でなければ、多くの看板が立ち並ぶ 激戦区では人々の記憶に残りません。


惹きつける看板

看板は目立たなければ意味が無く、看板主は目立つために工夫をしています。 目立つために派手な色彩を用い、視認しやすい文字を使い、イメージを伝えやすい ようイラストや写真を使うのです。 しかし全ての看板が目立つように努力をしても、全ての看板が人々の目を惹く わけではありません。 同じような看板に埋もれてしまうだけです。 ただ目立つだけでなく、気を惹く看板でなければ他の看板に埋もれてしまいます。 派手な配色で大きな文字を使えばそれなりに目立つ看板にはなるでしょう。 ですが見た人の気を惹く看板でなければ目に入ったとしてもすぐに忘れられて しまう、風景のような看板にしかなりません。